クレジットカードの還元率は比較すべき重要なポイント

手持ちの現金より高い品物を購入したいという時には、クレジットカードで買うことができます。ショッピングの利便性だけでなく、クレジットカードに付いているポイント還元のサービスは、見逃せない重要なポイントです。

自治体によっては、水道光熱費の支払いにクレジットカードが使えたり、家賃の支払いがクレジットカードでできるところもあります。クレジットカード払いに税金の払い込みや、保険料の払い込みができるところもあり、ますます便利になっています。
クレジットカードの利点は色々とありますが、ポイントサービスもその中の一つといえます。クレジットカードの大半は利用金額に応じたポイントバックがあり、一部のカードは1%以上の還元率を誇るものがあります。年会費無料のクレジットカードでは、還元率が高くても1%程度です。還元率1.5%になると、年会費のかかるカードが少なくありません。還元率が1%で年会費が無料のクレジットカードもあれば、1.5%で1500円の年会費が必要になるものもあります。もしも年会費15,000円で、年会費相当分のポイントを貯めたいと思うなら、1.5%の還元率で30万円の買い物をしなければなりません。
クレジットカードを使った買い物を、1年間でいくらくらいする予定なのかをシミュレーションして、目処を立てる必要があります。もしも、1年で使うクレジットカードの決済額が30万円を軽くオーバーするのなら、還元率1.5%のクレジットカードがお得です。クレジットカードの選択は、カードの利用頻度を考えた上で、還元率と年会費を比較することが非常に重要となります。