クレジットカードでコンビニ商品の代金支払いをする利点と注意点

コンビニでもクレジットカードを用いて商品を購入することが出来るようになっています。コンビにで利用する場合には、ほとんどのお店で2万円程度までなら、サイン不要で商品の購入ができます。クレジットカードが一枚あれば、手持ちの現金がなくても買い物を楽しむことができますので、とても重宝します。クレジットカードで決済をすると、手続きが終わっていないうちから商品を受け渡す店もありますので、スムーズに手続きができるでしょう。クレジットカードは、決済額によってポイントが入るサービスもあります。クレジットカードのポイントをためながら、コンビニのポイントサービスも使っているという方も少なくないようです。クレジットカード利用割引などの特典も活用できる場合があり、現金による決済にはない利点も多々あります。切手や印紙などの有価証券は、クレジットカードでの支払いができないことがほとんどです。クレジットカードを使った買い物は、最近では一般的になっていますが、使う時には気をつけておきたいことがあります。クレジットカード払いをした時に、コンビニ店員がクレジットカードの情報を読み取って、カードの持ち主になりすましたことがあります。コンビニのレジ周りはいろいろと目を引くものが陳列されていますが、店員にも注意を払っておきたいものです。不用意にクレジットカードを取り出さず、特にカード裏のセキュリティコードは目につかないように配慮します。